メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 一般の方へ > 治療のはなし > シックデイ

シックデイ

2015年10月27日掲載2016年6月8日改定版掲載

to_pdf_off insulin_with_pdf.png

目次

シックデイとは

糖尿病の方は、ウィルスなどに対する抵抗力が低下しているため、さまざまな感染症にかかりやすいと言われています。

糖尿病の方が、感染症にかかり、熱が出る・下痢をする・吐く、また食欲不振によって、食事ができないときのことを『シックデイ』(体調の悪い日)と言います。

このような状態では、インスリン製剤を普段使用する必要のない血糖コントロールが日頃は良好な方でも、著しい高血糖になり、たいへん重い状態になることがあります。1型糖尿病などでインスリン製剤の使用が必須の方では、さらに高血糖になりやすく、注意が必要です。また、体調が悪いことで食事ができずに低血糖になる可能性もあり、血糖値の確認が大切です。

こんな時は、シックデイに注意

こんな時は、シックデイに注意

  嘔吐する          風邪をひく          熱が出る

シックデイルール

シックデイの時の家庭での対応の基本を『シックデイルール』といいます。

シックデイの時には、以下の対応を行いましょう。より具体的な内容は、あらかじめ主治医と相談し、決めておきます。

シックデイルール

シックデイ
  1. 安静と保温につとめましょう。
  2. スープなどで十分に水分を摂り、お粥やうどんなどで炭水化物をとりましょう。
  3. インスリン製剤を使っている方は、決して自己判断でインスリンを中断しないようにしましょう。
  4. 飲み薬を使用している方は、薬の量の調整が必要な場合があります。
  5. 可能ならこまめに血糖自己測定をして、血糖値と病気の状態を確認しましょう。
シックデイの時で、どのように対応していいか悩む場合は、電話などで主治医と相談をしてください。相談の時には、「いつから、どんな症状、食事はどのくらいとれているか、血糖値」などの情報をお伝えください。

 

特に、下記の症状がある方は、すぐに医療機関へ連絡をするか、受診をしてください。入院が早急に必要な場合もあります。

すぐに医療機関へ連絡をするか、受診をする状態

  • 嘔吐・下痢がとまらない、38度以上の高熱が続くとき
  • 食事が24時間にわたって、全くとれない、または極端に少ないとき
  • 血糖値が350mg/dL以上が続くとき
  • 意識の状態に変化があるとき

いつシックデイになるかはわかりません。

シックデイルール

普段から、主治医と、病気・治療のことと共に、シックデイの時の対応について詳しく話しておくといいでしょう。具体的な血糖値の値や、薬の使い方、医療機関に相談すべきタイミングなどをあらかじめ決めて、文章にしておくと、いざという時に役に立ちます。遠慮せず、医師、医療スタッフにお声かけください。

参考文献

  • 日本糖尿病学会 編・著 糖尿病治療ガイド2014-2015 文光堂 2014
  • 日本糖尿病学会 編 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013第3刷 南光堂 2014
  • 国立国際医療研究センター病院糖尿病内分泌代謝科CDEJ  「シックデイ・病気の日はどう対応する?」 2014 より(図の引用含む)

このページに関するアンケート

Q1 このページの情報は分かりやすかったですか?
Q2 あなたと「糖尿病」のかかわりを教えてください。
Q3 このページに対するご意見をお聞かせください。

個人のご病気などについてのご質問やご連絡先などの個人情報に関するご記載はしないでください。こちらにご記載頂いた内容についてはご返答致しません。予めご了承ください。