メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 一般の方へ > 治療のはなし > 糖尿病の食事のはなし(実践編)

糖尿病の食事のはなし(実践編)

2015年10月27日掲載2015年11月19日改定版掲載

to_pdf_off insulin_with_pdf.png

目次

糖尿病の食事療法について、ここでは具体的な内容をお伝えいたします。

基本的な内容をお知りになりたい方は、糖尿病の食事のはなし(基本編)をご覧ください。

間食(おやつ)について

朝食、昼食、夕食の3食以外に間食をすると、体重が増えやすく、血糖コントロールも難しくなります。間食は主治医と相談し、適量を決めて、上手な取り方を工夫しましょう。

上手な間食の取り方のコツ

  • お菓子を買うときは、栄養成分表示(エネルギー等)を見て買うようにしましょう。
  • だらだら食べずに、量を決めて食べましょう(80kcal前後など)。
  • ミニサイズを選ぶ等、個包装に分かれた食べきりサイズを用意しましょう。
  • 少量を味わって、ゆっくり食べましょう。
  • 夕食後は避け、日中に食べましょう。
  • お菓子は目につく所に置かないようにしましょう。
  • 間食後は買い物に出かけるなど、運動を行うようにしてみましょう。

アルコールの摂取について

少量のアルコールは動脈硬化によいと言われますが、飲み過ぎは肝臓病や癌などにつながります。飲酒に合わせておつまみを食べると血糖値が上がる人がいる一方で、飲酒後には、肝臓に負担がかかるので逆に低血糖になることもあります。飲み過ぎは、血糖のバランスを崩してしまうので、危険です。

主治医より許可の出ている方は1日アルコールとして25g以下(日本酒1合、ビール中瓶1本500ml程度)とし、休肝日をつくりましょう。

主治医と適正な量を相談しましょう。

減塩について

減塩について

糖尿病のある方は、高血圧の予防のために、減塩が大切です。
(男性1日8g未満、女性1日7g未満)

高血圧がある場合は、さらに食塩摂取量を減らしましょう。
(1日6g未満)

食塩の摂取が多いと血圧が上がり、腎臓に負担がかかります。

また、動脈硬化(血管の老化)が進んで脳梗塞・心筋梗塞などが起きやすいと言われています。普段のお食事に、少し工夫をすることで、塩分を控えることができます。できることから実践してみましょう。

減塩の工夫

  • 昆布・かつおなどの食材の旨みを生かす
  • 味にアクセントをつける(香辛料・酸味・香味野菜)
  • 醤油はかけるのではなく、小皿にとり、つけるようにする
  • だし割醤油や減塩調味料を利用する
  • 塩蔵品、漬物、干物、佃煮等は控える
  • 汁物は具を多くして汁を減らす、器を小さくする、麺つゆは飲まない

腎臓の合併症がある場合

腎症の病期により推奨栄養量が下図のとおり異なります。ご自分の腎症はどの段階か、主治医に聞いて、腎臓にやさしい献立を考えてみましょう。

表1:糖尿病腎症の食事基準
表1:糖尿病腎症の食事基準
注1:たんぱく質の過剰摂取はよくない、一般的な糖尿病の食事基準に従う
注2:腎症の状態によって、第4期の食事内容への変更も考慮する
注3:血糖および体重コントロールを目的として25から30kcal/kg体重/日までの制限も考慮する

参考文献

  • 糖尿病学会 糖尿病性腎症合同委員会「糖尿病性腎症病期分類2014の策定(糖尿病性腎症病期分類改訂)について」,糖尿病 57(7),529-534,2014に基づいて作成
  • 日本糖尿病学会 編・著 糖尿病治療ガイド2014-2015 80-81頁 文光堂 2014より改変

たんぱく質の制限

たんぱく質の制限

腎症3期以降では、たんぱく質の摂取に制限が必要になってきます。

たんぱく質を豊富に含む肉・魚・卵・大豆製品・乳製品の摂取には配慮が必要です。適正なたんぱく質の摂取量については、主治医と相談して決めましょう。

塩分の制限

減塩の方法については、前項の『減塩について』をご参照ください。

カリウムの制限

カリウムの制限

腎症3期以降では、状態に応じてカリウムの制限が必要です。

野菜ジュース・果汁100%ジュースなどの摂取は避けましょう。野菜や果物の中にもカリウムの多い食品があります。食品の選び方や、カリウムを減らす方法について主治医・管理栄養士と相談しましょう。

カーボカウントについて

カーボカウントについて

カーボカウントとは、食事中の炭水化物の量を把握することで、血糖をコントロールする方法です。炭水化物は、食事の中の主要な栄養素であり、食直後 の血糖値の上昇に大きく関わります。たんぱく質や脂質でも血糖値はゆっくりと上昇しますが、カーボカウントでは、より早く血糖値があがる炭水化物に特に注 目します。

炭水化物の量を把握して一食あたりの炭水化物の量をある程度一定にすることで、血糖値が安定しやすくなります。この方法は、いろいろなタイプの糖尿病(糖尿病ってどんな種類があるの?)の方が利用できます。

強化インスリン療法を行っている、主に1型糖尿病の方は、食事の炭水化物の量に合わせて食直前のインスリン投与量を調整することで、血糖値が安定しやすくなります。ただし、食事全体のエネルギー量が多くなると、体重が増えてしまうため注意が必要です。

より詳しく知りたい方や、実際にカーボカウントを行う際は、主治医や管理栄養士の指導のもとに実践しましょう。

糖尿病のお食事についての基本は、糖尿病の食事のはなし(基本編)をご覧ください。

参考文献

  • 渡邊早苗・寺本房子・松崎政三 編・著 Nブックス 三訂 臨床栄養管理 建帛社 2015
  • 日本糖尿病学会 編 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013第3刷 南光堂 2014
  • 日本糖尿病学会 編・著 糖尿病治療ガイド2014-2015 文光堂 2014

このページに関するアンケート

Q1 このページの情報は分かりやすかったですか?
Q2 あなたと「糖尿病」のかかわりを教えてください。
Q3 このページに対するご意見をお聞かせください。

個人のご病気などについてのご質問やご連絡先などの個人情報に関するご記載はしないでください。こちらにご記載頂いた内容についてはご返答致しません。予めご了承ください。