メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 医師・医療スタッフの方へ > お知らせ > AMED事業IoT研究のサービスモデルフィールド公募

AMED事業IoT研究のサービスモデルフィールド公募

2017年9月21日掲載

医療関係者向け

国立研究開発法人日本医療研究開発機構事業
《平成29年度「IoT等活用生活習慣病行動変容研究事業」サービスモデル研究》 参加者募集について

当センターは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「平成29年度「IoT等活用生活習慣病行動変容研究事業」に対し、糖尿病患者を対象とした以下の研究を提案し、採択されました。

  1. ウェアラブル端末等から取得した健康情報をもとに、アプリからのメッセージ等による介入を行い、患者が行動変容を促進できるか、血糖コントロールの改善効果が得られるかを科学的かつ統計的な根拠をもって証明する介入研究(臨床研究フィールド)
  2. 上記で得られた科学的検証結果を踏まえ、IoTを活用した糖尿病患者及び予備軍に対する新たなサービスモデルの開発につながる探索的な研究(サービスモデル研究フィールド)

この度、2. 新たなサービスモデルの開発につながる探索的な研究(サービスモデル研究フィールド)」の一部について、企画提案を求めます。具体的には、独自の検証仮説を設定したフィールドを設計し、「臨床研究で研究・検証できない項目や仮説」についての効果検証を行うとともに、検証成果を踏まえたサービスモデルを構築しフィジビリティ検証を行う企業・団体を下記要領にて募集いたします。詳細は、「募集要項」を御覧ください。

募集期間:平成29年9月20日(水曜日)~平成29年10月3日(火曜日)正午
応募方法:以下の様式に必要事項を記入し、募集期間中に郵送にて提出のこと

 様式1 提案書 要約版

 様式2 提案書本紙

 費用内訳に関する資料(様式自由)

 研究開発実施体制に係わる資料のうち下記に関するもの(様式自由)

  • 企業保険者等との実効性のある連携体制(事業主、健保組合・協会健保責任者の協力承諾書等)
  • 研究開発参加者(研究開発代表者、研究開発分担者)の適格性(大学や専門機関・事業所の勤務実績証明書等)

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
糖尿病研究センター 植木 浩二郎     


<お問い合わせ先・応募資料送付先>
  国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 糖尿病内分泌代謝科
  研究所糖尿病情報センター臨床情報研究室
  坊内 良太郎
  TEL:03-3202-7181 メール:rybouchi@hosp.ncgm.go.jp

(参考)平成29年度「IoT等活用生活習慣病行動変容研究事業」の採択課題について
 http://www.amed.go.jp/koubo/050120170418_kettei.html

このページに関するアンケート

Q1 このページの情報は分かりやすかったですか?
Q2 あなたと「糖尿病」のかかわりを教えてください。
Q3 このページに対するご意見をお聞かせください。

個人のご病気などについてのご質問やご連絡先などの個人情報に関するご記載はしないでください。こちらにご記載頂いた内容についてはご返答致しません。予めご了承ください。