メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 医師・医療スタッフの方へ > お知らせ > HbA1cの国際標準化と表記

HbA1cの国際標準化と表記

2014年4月7日掲載

患者・一般向け情報

糖尿病の血糖コントロールの指標として用いられるHbA1cの値は、これまで国内と海外で基準となるものさしが異なるため、若干の違いがありました。
日本糖尿病学会は、段階的に日本のHbA1cの値を海外の基準のひとつであるNGSPのHbA1c値(HbA1c(NGSP))に変換する工程表を発表しました。

すでに2011年7月1日より、英文誌などに発表するHbA1cの値はNGSPに相当する国際標準値とすることになっておりました。2011年10月1日付けで社団法人検査医学標準物質機構がNGSPの基準測定施設の認証を取得したことに伴い、これまで私たちが使ってきたHbA1c(HbA1c(JDS)と表記します(注)とNGSPのHbA1c(HbA1c(NGSP)と表記します(注)が以下の式で換算できるようになりました。

  • HbA1c(NGSP)(%)= 1.02×HbA1c(JDS)(%)+0.25% (1)
  • HbA1c(JDS)(%)= 0.980×HbA1c(NGSP)(%)-0.245% (2)

この換算式(1)を実際に計算すれば(小数点以下第三位まで計算し第二位を四捨五入)

  • HbA1c(JDS)(%)が
    4.9%以下 : HbA1c(NGSP)(%)= HbA1c(JDS)(%)+0.3%
    5.0から9.9% : HbA1c(NGSP)(%)= HbA1c(JDS)(%)+0.4%
    10.0から14.9% : HbA1c(NGSP)(%)= HbA1c(JDS)(%)+0.5%

となり、換算式(2)を実際に計算すれば

  • HbA1c(JDS)(%)が
    5.2%以下 : HbA1c(JDS)(%)= HbA1c(NGSP)(%)-0.3%
    5.3から10.2% : HbA1c(JDS)(%)= HbA1c(NGSP)(%)-0.4%
    10.3から15.2% : HbA1c(JDS)(%)= HbA1c(NGSP)(%)-0.5%

となります。

注:臨床検査の報告書などで、文字数の制限などによりHbA1c(JDS) HbA1c(NGSP)との表記ができない場合は、HbA1c(JDS)の略をHbA1c、HbA1c(NGSP)の略をA1Cと表記することになりました。

日常の診療で用いているHbA1cには2012年4月1日からHbA1c(NGSP)が用いられています。特定健診・保健指導においても、2013年4月1日以降検査分よりHbA1c(NGSP)を用いることになりました。

HbA1cとは

HbA1cは、赤血球内の酸素を運ぶ主要な血色素であるヘモグロビンA(HbA)に血液中のブドウ糖が結合して離れなくなったものです。HbA1cの単位は%です。例えばHbA1cが5.8%というのは、血液中のHbAのうち5.8%がHbA1cになっているということです。赤血球の寿命は約120日なので、HbA1cは、過去1,2か月の血糖の平均値をよく表します。

医療関係者向け情報

上の「患者・一般向け情報」に記載した事項に加え、下記のサイトを参照してください。

リンク先

日本糖尿病学会

厚生労働省健康局がん対策・健康増進課 厚生労働省保険局総務課

一般社団法人検査医学標準物質機構

このページに関するアンケート

Q1 このページの情報は分かりやすかったですか?
Q2 あなたと「糖尿病」のかかわりを教えてください。
Q3 このページに対するご意見をお聞かせください。

個人のご病気などについてのご質問やご連絡先などの個人情報に関するご記載はしないでください。こちらにご記載頂いた内容についてはご返答致しません。予めご了承ください。